バタバタのうちに終わったお葬式の記憶

14年前に祖母が亡くなった時の記憶です。

認知症が酷くなり記憶能力は問題あるものの、体は健康そのものだった祖母が亡くなったのは、地方の老人施設に入所して4日目のことでした。

この時まず一番最初に困ったのは、亡くなった祖母を引き取るための場所が全くない事でした。

施設に受け入れていただいたばかりだったので、荒れ放題の部屋を片付け始めようとしたばかりだった上に、少し遠い施設だったため行くのも半日がかりで、片付ける時間が取れない!という状態でした。

しかも男衆は放心状態で全くあてにならず、準備が出来るまで病院にしばらく預かってもらおうと思っても、ずっと連絡のない親族が「何故引き取らないんだ!」と騒ぎ出す始末。

結局連絡を受けてから祖母を引き取るまで、母と私が徹夜で場所を作りました。

祖母を引き取ってから、次に困ったのがお坊さんが来なかった事です。

お願いしたお坊さんが、待てど暮らせどやってこない。

葬儀の打ち合わせをしようにも、連絡すら取れない。

葬儀屋さんも困ってオロオロしはじめ、不穏な空気が漂いはじめたころ、へらへら笑いながら葬儀の当日にお坊さんがやってきました。

なんでも、宗派の祭事だったらしく、忙しかったらしいです。

この事態に私は、葬儀屋さんと細かいところまで二人で決めておいて、後でお坊さんに決まった事を伝えればOKというところまで決めておくことにしました。

葬儀屋さんに色々アドバイスをもらえて、助かったのを覚えています。

その後葬儀は順調に進み、もうトラブルはないだろうと思っていましたが、最後に身内がやらかしてくれました。

本来だったら、喪主である父と私達家族が居なきゃならない場所を、最初に文句を言ってきた親族が「他に聞かせたくない話をしたいから」という理由で入ってきて立て込もってしまったのです。

周りの空気がしらっとしだして、気まずい空気が流れ出した時です。

母が立てこもった扉をバカっと開き、「あらいたの?ごめんなさいね。」とカラカラ笑いだしました。

流石に気まずい空気に気が付いたのか、ぶつぶつ文句を言いつつ親族は去っていきました。

葬儀は土壇場で何が起きるかわかりません、なるべく生きてるうちに、ある程度決めておくべきだなと思い知った葬儀の記憶でした。

PR|オーディオ|心の童話|英語上達の秘訣|お小遣いNET|工務店向け集客ノウハウ|英語上達の秘訣|クレジットカードの即日発行じゃけん|生命保険の口コミ.COM|家計見直しクラブ|マッサージのリアル口コミ.com|童話|ショッピングカート|サプリメント|住宅リフォーム総合情報|生命保険の選び方|お家の見直ししま専科|