人は少なかったけれど、いい送りでした。

義理の祖母が先日なくなりました。10年以上施設に入っており、孫の婿である私も数えるほどしか会ってません。家族、特に嫁である義母との折り合いも悪かったようです。
そんな義祖母だったので友人もなく、数少ない知り合いもすでに鬼籍にはいっていました。通夜には、親族と義祖母がお世話になった施設の職員の方、あとは近所の人くらいでした。昔ならば、息子である義父の会社の人も参列したでしょうが、義父もすでに退職、仕事の関係者は嘱託で務めている施設の方が数人だけでした。
少し前なら、「さみしい葬儀でした」で終わるところですが、いい意味でシンプルでとてもよい葬儀だったと思います。本人は死んでいるのだから何人来ようが関係ありません。通夜に動員されて交通整理なんかをやらされるのも大変です。
派手にやりたいなら別にお別れの会でもやればいいと思います。家族だけで思い出に浸り、親しい人で葬儀をすることはとてもよい送りの儀式だと思います。